忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 03:29 |
本メモ
からだのしくみが目で見てわかる
得意になる解剖生理
オールカラー
編著 美田誠二
照林社


解剖図の絵が細かくてきれい。
キャラクターはいらんかも知れん…が、生理を説明するそのイラストも見やすい。

お値段 2,400円+税
と言うのはなかなか手が出せない…。

拍手

PR

2011/07/23 06:25 | Comments(0) | TrackBack(0) |
メモ:図書室の本
看護学生の超入門シリーズだったか言う本を少しずつ読んでいきたい。
今は薬理学を読み途中で返した。
今日借りておこうかな…。

『看護師に役立つ レポート・論文の書き方』高谷修著(正しいタカに変換できない)
また必要になったら借りようと思う。

拍手


2011/04/28 06:35 | Comments(0) | TrackBack(0) |
今読んでる本
基本絵画は好きなので印象派も好き。
中学生の時美術に詳しい友達が本を貸してくれたり教えてくれたりしていたから、という理由もある。
ピアノやショパンが好きなのも彼女の影響が大いにある。
画家ではフェルメールが彼女イチオシだったような記憶があって、印象派はテレビで見て好きになったのかも。
モネやルノワール、タッチではスーラやゴッホが特徴的でしょうか。

娼婦を尊敬してやまないのは、強い女性というイメージがあるから。
我が身ひとつを武器に生きていたり、時代や誰かに翻弄され苦しみつつも戦う生き様に感動する。
飽くまで私のイメージなので現実と違っていたりそうでない面も多いと思います。
その職業になりたい、とかじゃ無いです。
例え法律で許可されていたってなれそうに有りません。

そんな気分で手に取り借りた本ですが、娼婦に関しての文章は今のところ蔑みが強めな気がします。
まぁ褒め称える訳にはいきませんしね。

しかしそれをしないと生きていけない社会だったことを非難するのはわかるけれど、人や個人を見下すような印象があるのはちょっといただけません。
ラストにフォローを期待しましょう。



拍手


2011/04/18 22:41 | Comments(0) | TrackBack(0) |
はまってる
森博嗣の
幻惑の死と使徒
夏のレプリカ
を読みました。
確かに、この犀川先生と西之園萌絵シリーズの第二部は続けて読むのが良いですね。

感想を書いてる時間がないので割愛。

まどろみ消去
という短編が図書館に無く読むことができませんが、当分この方の本を読んでいきます。
たくさんあるから当分楽しめそうです。
読みはじめが遅くて良いのはこういう時(笑)

拍手


2011/04/15 08:35 | Comments(0) | TrackBack(0) |
読書感想
読書感想って言うカテゴリ作っておけばよかったかなぁと思ったけど多分切り替え忘れて面倒なだけなのでやらない。
大したことも書かない。
基本的に回想以外で過去は振り返らないし。
…あ、いや、そうでもないか。



感想。
黒猫の三角

相変わらず理系はおろか文系にもなれず看護系に足を踏み入れただけの私には難しい箇所もございました。
時間をあけてまた読みたいので購入を真剣に考えてます。
すぐ買わないのはすぐ必要じゃないから。
でも欲しい。
手元に置いていつでも読めると安心したい。
そうなると読まない危険が高まる。
脱線。

プロローグには何か意味があるはずだとずっと思っていたので、それもキャラクターも謎もストーリーも満足。
思想には納得できる部分と頷けない部分と。
殺されたくないから、殺人をすることを認めない、だったかな…大いに賛同します。

何はともあれおもしろかったの一言に尽きる。

拍手


2011/03/19 09:20 | Comments(0) | TrackBack(0) |

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]